これには気を付けて!?屋上緑化で気を付けるべきこと

屋上緑化をして快適な生活を

屋上緑化とは、屋上や屋根の上に、植物や木を植えることによって緑化を図ることです。日本のみならず世界各地で行われている方法であり、様々な目的があります。日本では都市化が進んだ地域において、屋上緑化によって景観の中に緑を増やすことや生態系の回復を図る目的をもって行われることが増えてきています。

屋上緑化の目的とは、おもなものは夏場の涼をとることです。日本では、古くから建物の近くや建物に沿うようにつた性の植物を育てることで緑の影を作って日差しを遮っていました。これはグリーンカーテンとしても知られています。屋上や屋根の上に植物があると、植物が影を作ると同時に、植物の保水力によって熱が屋内に伝わりにくいという効果もあります。同時に、屋内の冷気も外に漏れ出にくいため、夏場の涼をとることができるのです。これによって、省エネ効果も期待されています。このほか、建物の耐久力を高めることや防音性を高めることにも効果があります。

欲張って植えすぎると危険

屋上緑化をすると、断熱性や省エネ機能があるということで、メリットが大きいです。だからと言って、何も考えずに快適な空間を作ろうと、物を集め、植物をどんどん植えていてしまってはいけません。屋上緑化をするにあたっては、しっかりと重量を計算して緑化を進めなければなりません。

屋上緑化をするにあたっては、建物の積載荷重条件をしっかりと把握しなければなりません。あまりものを屋上に乗せすぎると、建物が倒壊する危険性もあります。多くの植物を植えるためには、軽量土壌や屋上緑化基盤システムを活用して、うまく行うことが必要です。

屋上緑化には人工芝・農地を設置しているビルが増えている事はもちろんですが、公園を設置して市民の憩いの場を提供しているケースもあります。