ゼンマイの巻き上げ作業が面倒?機械式時計には便利なアイテムがあるって知ってた?

機械式時計には大きく分けて2種類ある

機械式時計はゼンマイがほどける時に発生する力で動く時計です。手動式の機械式時計はオーナーが日々ゼンマイの巻き上げ作業をして運針を維持します。一方、自動巻き式の機械式時計はムーブメントに搭載されているローターによって、身に着けているだけで自動的にゼンマイが巻き上げられる仕組みです。自動巻き式の機械式時計が開発されたことで、腕時計の普及には革命的な進化がありました。とは言え、現在でも手動式の機械式時計は人気があり、多くのモデルがリリースされています。竜頭を巻く時の感覚を好む愛好家も多いそうです。自動巻き式の機械式時計はゼンマイの巻き上げ作業が基本的には必要ありませんが、動かなくなった時計を再び運針させるためには竜頭を使用して手動で作業する方が良いとされています。

メンテナンスが面倒なら自動巻き式がおすすめ

自動巻き式の機械式時計の普及によって、日々のメンテナンスが簡単になったと言えるでしょう。しかし、機械式時計は放置して静止させた状態を長く続けると、オイルの乾燥などが原因でムーブメントの劣化を引き起こします。とは言え、TPOによってファッションコーデは変わりますし、毎日同じ時計を身に着ける訳にもいかない人が多いでしょう。近年では、ゼンマイの巻き上げがどの程度かをチェックできる機能が搭載された自動巻き式の時計や、身に着けない時計のゼンマイを自動的に巻き上げる機能が付いた保管ボックスがリリースされています。便利なアイテムを使えばセルフメンテナンスを軽減して機械式時計を楽しめることができるでしょう。

オーデマピゲ(Audemars Piguet)とは、1875年に創業して以来、140年以上の歴史があるスイスの高級腕時計ブランドです。