レトロにもシンプルモダンにもよく合う!鳩時計の魅力を探る

ドイツ生まれの鳩時計、その魅力とは?

毎時間、決まった時刻になると時計の中から小さな鳩が飛び出してきて時を告げる鳩時計。昔からある時計ですが、現代でも柱時計の分野では鳩時計はとても人気があります。今回は、そんな鳩時計についてご紹介してみましょう。
鳩時計は、いわゆる「からくり時計」のひとつ。18世紀の後半にドイツで考案されたといわれており、ドイツのシュヴァルツヴァルト地方を中心に生産され、世界中に普及しました。現在でも本場のシュバルツバルト地方では鳩時計が伝統産業のひとつとなっており、厳しい基準を満たした時計にのみ鳩時計の認定書が付けられているそうです。

レトロなアンティークによく合う鳩時計

鳩時計の魅力は、何と言ってもそのかわいらしいデザインと時を告げる鳩のからくり。ぴょこんと飛び出してきて時を告げる鳩は、なんともユーモラスで可愛いですよね。本来の鳩時計は機械式で、鳩の鳴き声も時計の内部にある「ふいご」を使って鳴らしていましたが、最近では電池式で録音された音のものが多いようです。
鳩時計はインテリアとしても大きな存在感のあるところが、もうひとつの大きな魅力と言って良いでしょう。ヨーロッパの山小屋を模したレトロなデザインは、アンティークな雰囲気の部屋とよく調和します。別荘などのセカンドハウスの時計としてもおすすめですよ。

鳩時計でお部屋の雰囲気もおしゃれに

もちろん昔ながらのレトロなデザインの鳩時計だけではなく、モダンなデザインのものも現在では販売されています。最近人気の高い北欧デザインを取り入れた鳩時計など、現代のシンプルモダンな住宅にも合うようなデザインのものも沢山あります。
時計としてもインテリアとしても素敵な鳩時計。ぜひ一度、お部屋にあった鳩時計を探してみてくださいね!

高級品として知られるロレックスはブランド品なので、不要になった時に買取を依頼することができます。型番や年式によっては購入した価格より査定額が高くなることもあるので注意が必要です。