壁面緑化とは何なのか!?その特徴やメリットについて

壁面緑化とは?その特徴について

壁面緑化とは、どのような状態を意味しているのでしょうか。その意味を一言で説明すると、「壁を緑化すること」です。建物の壁に緑を敷き詰めて、まるで緑色の植物が壁から生えているような状態になります。ビルや建物の屋上を緑化する屋上緑化が人気を集めていることから、壁面緑化にも注目が集まっているようです。壁面緑化の種類は、基盤造成型と下垂タイプがあります。基盤造成型は、壁面に植栽基盤やプランターを取り付け、植物を成長させる方法です。様々な植物を設置することが可能なので、芸術性を求める時に効果的な方法だと言えるでしょう。一方、下垂タイプは壁面の上部にプランターなどを設置し、下に向かって植物を這わせる方法です。時間はかかりますが、低コストで作ることが可能です。

壁面緑化のメリットとは

壁面緑化には、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず第一に、省エネ効果が挙げられます。壁面緑化は断熱効果に優れており、夏であれば冷房によって部屋が冷えやすくなり、冬であれば暖房によって熱をキープしやすくなります。この省エネ効果により、経費の軽減も期待できるでしょう。また、壁面緑化は壁の温度自体を低減する作用もあるので、広義で地球のヒートアイランド現象の防止にも役立つものです。地球温暖化が問題視される中、壁面緑化は地球にやさしい施策であることは間違いありません。さらに壁面の植物が光合成を行うことから、空気の浄化作用も期待できます。壁面緑化は設置が大変かもしれませんが、メリットは非常に大きいと言えるでしょう。

壁面緑化は、植物の影響で太陽光等の熱による温度変化を緩やかにする効果がありヒートアイランド現象対策に有効です。これにより過ごしやすい環境を得られる事ができ、地域によっては補助金の申請ができます。